スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
USB-シリアル変換モジュールへのサーボコネクタの実装
2014 / 05 / 18 ( Sun )
前回、サーボのコネクタ「BM03B-ACHSS-GAN-TF LF SN」の実装部分を、思いっきりはしょったので、途中の写真もUPします。
(前回のロビの制御系の記事 「ロビの制御系②l」)

2個目のコネクタまでは、固定端子はレジストを剝がしてGND接続としていましたが、丈夫な導体であれば、どの信号ににつながっても構わないので、残りの三つは、最初に足が刺さっていたスルーホールを使います。

一番左端のGND端子は、レジストを剥いでそのまま。
中央の電源端子は、USBの5Vのラインにつなぎます。
サーボを21個同時に動かすわけではなく、トルクOFFでのモーションキャプチャーだけなら、500mA引けるか引けないかのバスパワーでもOKでしょう。
動作させたい場合は、この基板の裏面の根元で切り離し、実際の電池かACアダプターを

銅箔でパターンを作り絶縁テープを貼り、好みの問題で目立たないよう黒く塗りつぶします。

USBシリアル通信モジュールと一体型


最後のコネクタを乗せ、信号線を半田付けします。
半二重回路の出力からは全IDに対する指令を出しますので、ロビのマイコンボードでは5系統(実際は4系統)に分かれていても、ここでは全部つなげています。

半二重回路完成品


この信号パターンもちょっと黒ペンで塗って仕上がりです。

早く、オリジナルダンスなんかをさせたくって、ウズウズしています((o(*^ε^*)o))




にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
19 : 48 : 14 | ロビの制御系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< 前の記事へ:「Lady Robi  かわいい(^o^)」 | ホーム | 「ロビの耳の加工① カスタムロビ Custom Robi 」:次の記事へ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://robimania.blog.fc2.com/tb.php/15-232b5426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。