スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ロビのサーボ「RS308MD」
2014 / 05 / 09 ( Fri )
ロビのサーボ、「RS308MD」の中をいじくりながら、サーボのマイコンの電源用のレギュレータを見つけたので、備忘の為に記事にしました。

ロビのサーボ


内部にファームウェアや、RAMエリアも持ち、シリアル通信や、PWM信号を受け取ってのモーター制御まで行う、立派なマイコンさんは、やはり3.3Vで動作しているようですね。

PWMも3.3Vで動作させるので、シリアルコマンドも3.3Vが良いでしょう。


因みに、ロビに同梱のサーボをPWMで動かしてみました。
PIC:10F322(秋月で1個45円です)を使って、約1520μSec±500μSecのパルスを20mSec周期で送ります。
シャキシャキ動きました。


えー、話は戻りまして、サーボの制御をPCから行う際のUSBシリアル変換チップでは、有名所は皆、そのICに5Vの入力で3.3Vのアウトプットがついています。
ですので、プルアップ先をその3.3Vに接続さえすれば、別途レギュレータを手配する必要もありません。


cp2103.jpg


これは、Silicon Laboratoriesの基板ユニットですが、これは一例であって、もっとよく見かけるFTDIのチップも3.3Vのアウトプットは殆どついているようです。

と、結局そっちの話になるので、半二重回路と合わせて作った記事もとうとう書いてみます。

ロビで遊びたいのに、まだ届かないのですもの( ノω-、)

早く、完成ロビで遊びたいなー・・・
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

23 : 00 : 16 | ロビについて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< 前の記事へ:「Robiとガンダム」 | ホーム | 「ロビのサーボのコネクタ」:次の記事へ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://robimania.blog.fc2.com/tb.php/11-5a1ae32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。