スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ロビがアイスバケットチャレンジ!!!
2014 / 08 / 24 ( Sun )
皆さん、ロビのTwitter見ましたか?

私達のロビが難病支援のチャリティー「Ice Bucket Challenge」に参加してるじゃないですか!!!
安倍首相も指名されたとか!!!
世界的な著名人によるチャイリティに参加していただなんて、さすがロビ!!!

ヽ(^o^)丿なんか嬉しいですね!

ロビオーナーとしても、寄付に参加したいでものです!!!

アイスバケツチャレンジは著名人じゃないとダメなのかしら。

でも、ロビが指名されたなんてどういうことやねんと思ったら、ロビの生みの親のロボットクリエーターの高橋智隆さんからのご指名だったんですね(^o^)
つまり、高橋さんも、氷水かぶられていました!
そのかぶっている量がロビの何倍もあるようで、さすがに寒そうなご様子!!!
ロビ君が、それを察した様子で、かわりにブルブルと震えているのがカワイイです。

ということで、Twitterから見つけた動画です!!!


ロビのアイスバケットチャレンジ(^o^)


Robiを指名された、高橋智隆さんの、アイスバケットチャレンジ(#^.^#)


我らが、「ロビ」くんが登場していて、嬉しいですね!


ということで、うちのロビも・・・・・・

ロビチャリティ

かなり雑な仕上げですが(^^ゞ・・・・・気持ちは応援しています!!!

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
11 : 42 : 51 | ロビについて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビの「ヘビーローテーション」
2014 / 08 / 23 ( Sat )
 モーション作ってみました o( ^ー゚)b

    って、また「ボクっこロビ」になってるじゃん!!!




動画のロビーローテーションって、ちょっとイタイ・・・かも(^^ゞ

しかし、ロビは、本当にかわいいですね~♪
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
18 : 13 : 32 | ロビ遊び | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
ロビの最終改造 PCインターフェースの内蔵 仕上げ編
2014 / 08 / 16 ( Sat )
仕上げと言いましても、背中カバーの加工だけだったのですが、
これもついに完了しましたヽ(^o^)丿

ロビの改造

USB挿入口です。
これをロビに取り付けたくって・・・
苦節数か月・・・

ロビの改造

100円のUSBケーブルを接続。
モーションキャプチャーや、SD書き換え等、楽しんでおります。

miconoさん」の「Servo Tester for Robi」のおかげで、
少しづつ動作もカスタム化していきまーす。


これは、SDカードにアクセスするだけでなく、PCから直接サーボを動作させたり、サーボの角度を読み取り、手で動かして作成したポーズをPCで記録しモーションを作成するための改造を施したものです。

SDカードのR/Wだけのものとは違うのです(^^ゞ


にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
22 : 23 : 55 | ロビのカスタマイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビの最終改造 PCインターフェースの内蔵
2014 / 08 / 11 ( Mon )
70号も届き、世間ではたくさんのロビが産声を上げている中、うちのロビは、中途半端なまま始動しました。

足の塗装の仕上げもまだで、部品も揃っていないのに(笑)
初起動させちゃいました。

せっかく、小型の半二重回路を作ったのだから、当然ロビへ内蔵させるつもりで頑張っており・・・
しかし、組み立てるにつれて、意外とスペース無いなー、そして、SDカードにも書き込みもしたいし、切り替えスイッチも小型のを探さなくてはならないし・・・でも、やりました(^^ゞ


ロビ最終回路図


回路図的にはこの通りです。
スイッチは、4回路入りのもので、サーボの5系統(手はつながっているので4系統)を、マイコンボードまたはシリアル変換基板へと切り替えるスイッチと、USB入力をマイコンボードのUSBポートと、シリアル変換基板のUSBポートとを切り替えるスイッチを出来るだけ小さい物を用意しました。
RSでフジソクのスイッチを購入。
小型の半二重回路は、マイコンボードのマイコンチップSTM32の真上に貼り付けています。

00_基板装着前


スイッチの穴位置を決めて油性ペンでマーキングします。
小型スイッチなので、スライド部が短いので、全体をザグる必要があり、カッターの背中でガリガリ削ります。

01_穴加工後


かわいいロビくんの為ならエンヤコラ。
かなり時間をかけて、加工完了。
上の写真の通り、スイッチ取付け部が完成。

02_スイッチ取り付け

多用途の強力ボンドで貼り付けて、マイコンボードも固定。

03_組み込み完成状態側面

スイッチもバッチリ操作できて、USBの動作の確認も出来ました。
PCからカードリーダライターとして、そして、COMポートとしても認識し、サーボの制御もバッチリです!

04_完成USB口まで

70号で届いた背中パネルに上手に穴をあけて、USB挿入口を作らなくてはなりません。
ロビ君、いろいろ穴をあけてゴメンね・・・

05_USB口

ついに搭載!!!(笑)
切り替えスイッチ類とUSB挿入口です。

マイコンボードとボディの間にスイッチが入っているのですが、さらにその間にUSBコネクタを入れることが出来ました。ずっと計画してきたものがついに完成で、とても嬉しいのですが・・・
うちのロビには、まだ足が・・・ついてなくって・・・

でも、ロビのココロのバックアップを取ってから、起動させちゃいました(^^ゞ

ロビ君、腰のサーボから上までしかないけど、健気に動いてくれています。
足のサーボの状態読み込みが正常に出来ないので、充電台に座らされていると認識しているようで、ダンスはしてくれませんが、結構動いてくれます。
個人的には「トランスフォーム」が気に入ってます。

あっ、トランスフォーマー、始まりましたね。
見に行かなくっちゃ・・・
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
続きを読む
00 : 38 : 12 | ロビのカスタマイズ | トラックバック(0) | コメント(28) | page top
ロビで音楽を聴こう♪
2014 / 08 / 10 ( Sun )
ロビのココロも配布され、一部のロビは宇宙へと旅立ち(笑)、合間を見てファイルの中身をチェックしているのですが、micono師匠の「週刊ロビ 増刊71号:ロビのココロを探る1」の記事を見て、やめようかと思ったりして(笑)

そんな中ですが、備忘の為、過日Robiの公式掲示板でも紹介されておりました、テストSDの中身をいじって、Wavファイルを再生させる方法をメモ的UPしておきます。

tempsdmotion.RM4の中身を、Wavファイル再生のみ部分を残して削除し、然るべき場所に作製したwavファイルを置きます。

<medit>
<block name="<< SOUND >>" type="6" xpos="46" ypos="495" bluearrow="6" redarrow="6"/>
</medit>
<play filename="voice\作製した音楽ファイル.wav"/>

これで、電源を入れれば、ミュージックプレーヤーとして使えます。

でも、やはり動きが欲しいですよね(^o^)
micono師匠のServoTester for Robi.を使って、オリジナルダンスを作って、Bgmミュージックまで入れれば、かなり楽しめそうですね!

でもまずやってみたいのが、ロビのココロの中の、voiceフォルダの中の「ダンス音楽.wav」を好きな音楽に変えて、ロビに「踊って!」ということです。Sound Engineなどのフリーソフトを使って、Wavファイルを編集して、オリジナルミュージックで、ロビに踊ってもらいましょう!!!


~後日追記~
既にいろんな方が記事にされていますが、「STARTUP.XML」内の7行目の#音声のアッテネータの数値を変えることで音量を変えることが出来ます。アッテネータとは減衰器という意味で、減衰量を調整することができます。7が減衰量最大、つまり音量が最小で、0が音量最大となります。

#音声のアッテネータ
<mem_w size="2" adr="0x0046">0x0000</mem_w>

ここの、0x0000を、0x0002、などと書き換えます。

メディアクラフトさんのページに、ツールも公開されているようです。
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
22 : 57 : 00 | ロビ遊び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。