スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
Robiとガンダム
2014 / 04 / 30 ( Wed )
塗装はそこそこ仕上がったところで、退屈な日々となった。

ちゅうと半端に揃っている後半の現行版ロビ。

再刊行版と組み合わせで仕上がるのはいつの日なのやら・・・

することなさすぎて、ガンダムと記念写真


Robiとガンダム


ロビ君、募金でもらった赤い羽根で遊んでます。

赤、青ってガンダムや、スーパーマン、スパイダーマンのヒーローカラーなので、ロビ君喜んでいるように見えます。
(^・^)
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23 : 28 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビの塗装(失敗編)
2014 / 04 / 27 ( Sun )
プラモ作りは子供の時以来・・・
考えが甘かったというか、やりすぎた・・・


順調にいっていた塗装なのだが、「ほんのり鏡面チック」・・・では納得できなかった。

「ピッカピカの鏡面」にしてみたくなった。

そこでタミヤのコンパウンドを購入し、ウエスでゴシゴシ。

おぉっ!! やればやるほど綺麗になるではないか!!!

手がギトギトになりつつ、ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・・・・・・・・・

やればやる程に、鏡面に近づいている、どんどん欲が出てきました。
(ウエスは着古した自分のTシャツ)


ロビの塗装


次第に手が疲れてきたので、思い浮かんだのは、
「ディスクグラインダー」
あれに、パフつけてコンパウンドつけてやれば鏡面Getでは!?

即実行・・・

DSC_7201.jpg


失敗1・・・

パフにたっぷりコンパウンドをつけて、駐車場でヴゥィィィ~ン、
コンパウンド飛び散りまくり、


飛び散るコンパウンド


とまぁ、そんなことは気にせず、ロビの頭部にヴゥィィィ~ン、
すぐさま確認。

おっ、良い感じではないか!!!
もっともっと、やったるでー!

ところが、その欲をかいたのが悪かった。


なんということか!!! (`・ω・´)


最弱で、そっと当てていたのだが、摩擦熱で塗装が溶けて表面がシワシワになっているではないか!
それに、エッジ部分が剥げてる!!!

((o(>皿<)o)) うぉぉぉぉぃ!!

まるで、買ったばかりの新車をぶつけた気分( ノω-、)

ショックのあまり、写真も撮り忘れました。

その後、ヤスリで削って塗装し直したりと、ずいぶん手間取りました。

補修漏れがコレ・・・。エッジが少し剥げたまま


DSC_7199.jpg

out-01.jpg


また、削ってやり直しましたとさ。

本日、得た教訓。

『ロビの塗装後の鏡面研磨に、グラインダーは使わない方が良い。』

塗装のシロウトというのがバレバレですね(^^ゞ



にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

19 : 21 : 37 | ロビに色を塗る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビの総額
2014 / 04 / 27 ( Sun )
消費増税という暴挙!?のおかげで、
ロビの総支払額も変わったのでは・・・

 創刊号790円の頃は、5%なので、税込で829円。
 2号から1895円で、税込1990円。
 
 消費税は、5号から8%となり2047円
 センサー同梱の号などもチェックし再計算してみると、

ロビの総額 は \148,073 でした。

(四捨五入の仕方で数十円の誤差があるかも)

現行版よりも、2~3千円負担増ですにゃ。
増税しても長期的には税収は増えないというのにねー・・・

(´・ω・`)ブヒヒー


私の場合は、塗料費や、予備部品費などでもっとかかってるんだけどね。
でもかかった経費以上に楽しんでいると思います(笑)



にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

18 : 11 : 06 | ロビについて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビの完成品
2014 / 04 / 27 ( Sun )
ロビの事ばかりを話題にしていると、さすがに興味を持ってくれる人も出てくる。
そして、必ず聞かれるのが、


「それ、完成品売ってないの?」


残念ながら、無い・・・


まさに、「ロビのよくある質問」ってやつで、公式ページに書かれている。

 ロビの完成品を購入することはできますか?

どうしても、こんなロボが欲しいという人には、同じ高橋さんデザインの↓「マノイ」というロボならあるよと紹介。

〈 二足歩行ロボットキット 〉 MANOI PF01

新品価格
¥198,450から
(2014/4/27 15:36時点)




ここで、Amazonのリンクを貼ってみたが、これで購入してくれたら、私に100円でも入るのだろうか。

答えは、誰か買ってみてくれないと良くわからない(笑)。

でもやっぱ、ロビが欲しいという人には、完成させて飽きた人がオークションに出すのを待つしかないけど、きっとどこか壊れた、ジャンク扱いの、おさがりロビ。

サーボが数個動かず、立ち上がれないロビ・・・( ノω-、)

そんな時の為の、ロビのサーボ「RS308MD」は、FUTABAが販売するのか、デアゴ経由か、とにかく予備は欲しいものだ。双葉のホームページなどでは扱っている形跡はないので、今は、デアゴのバックナンバーで購入するかなさそう。

あっ、ロビのバッテリーの予備も欲しい。ところが、ええ、なぜか既に46号は余分に購入している。
サーボの号も頼んでおけばよかった。

頼んでおこう。
すると、だんだん、マイコンボードもスペアがあった方が安心とか、落として割れた時の為に、ボディ関連もスペアが欲しいとかなって、ついに二体分揃うというのが、ありがちなパターン!?

でも、いつか、オークションで買った人や、ロビを落としてしまった人の為にも、ロボット修理屋というか、ロボの病院みたいなのがニーズがあると思う。
未来には、普通に「ロボ病院」というのが街に出来るだろうけど、とりあえず「ロビ病院」も良いかも(^o^)


ちなみに、自分のロビを売ってくれと言われて、売るとしたら・・・・・

いやいや、売りませんよ。
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

16 : 05 : 31 | ロビについて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビクル
2014 / 04 / 26 ( Sat )
ディアゴスティーニ・・・

 そうきましたか(^^ゞ

子供におもちゃを買ってあげたい親心をくすぐりますよね・・・

先般発売されたキャリングケースも、必死にガマンしているというのに。


ph_08.jpg

ph_06.jpg

Deagostini ロビクル


ロビのお友達を探さなくっちゃと思っていたとこなので、一応検討しましょうかね(^^ゞ
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
20 : 22 : 19 | ロビクル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビの制御系
2014 / 04 / 26 ( Sat )
サーボは、よくある質問に書かれている通り、双葉電子工業製の「RS308MD」というものとのこと。

私も、ご多分に漏れず分解してみました。


ロビのサーボ


基板を外す際、モーターのケースと基板が半田付けしてあり、外すのに苦労しましたが、これはモーターのノイズ対策と思われます。そして、モーターを正転反転させるためのトランジスタ4つ、裏面にポテンショメーター、モーターの端子間にあたるラインに容量の大き目のセラミックコンデンサ。

このサーボは何ボルトで動作しているのか調べてみた・・・

マイコンボードから供給されている電源は、電池電圧がそのまま見えている。
双葉のRS304MDは、定格が4.8~7.4 [V]となっているけど、リチウムイオン2セル分では、実際には6~8.4[V]ですね。
また、制御信号のS.BUSのハイレベルは、3.3V。

(写真のオシロスコープは、1v/div)


DSC_7192.jpg
マイコンボードからのコマンド


そして、miconoさんのブログを参考にPCからサーボを直接コントロールするべく、RSでコネクター(BM03B-ACHSS-GAN-ETF)やら、シリアル変換基板ユニット、バッファICを購入し、PCでサーボをコントロールしてみた。

miconoさんの、Servo Tester for Robiや、双葉のサーボをもっと細かくいじり倒したい時には、RS30xPacketUtilは、大変素晴らしいソフトで、色々やってみたいオーナーには必須ソフトという感じです。

いずれRobovieMakerのようなソフトになることを期待しています(^o^)
有償でも買いたいです・・・

そんなワケで、ロビに、USB端子をつけるか、マイクロSDカードを外から出し入れできるような構造を妄想しています。

ふみのへやさんのブログでは、その環境を使って、組立途中で既に色んな動作を実際にさせておられ、とても参考になります。

ということで、私の方では割愛。
(といいつつ、近いうちに詳細UP予定)
↑(UP済みです:ロビのモーション作成の為の半二重回路 (ロビの制御系②)

作った図面だけご参考に。
やはり、ロビのモーションを自分で作りたいですものね~


servoserial2.jpg




このI/Fと双葉のRS304MDの仕様書で、しばらく遊べます。
コマンドを送って動かすのはとても楽しいものです(^^)


つづいて、49号のマイコンボードと、サーボの接続を確認してみた。

robi


マイコンボードには、電池電圧と、5V電源、3.3V電源の3種類の電圧があり、それぞれサーボの電源、マイコン/スピーカーアンプ/センサー類、サーボIFの電源でした。

マイコンボードからのサーボへの出力は、電池ダイレクトと、グランド、シリアル信号だが、5系統あるように見せかけて、実は腕の信号は基板上で繋がっていたので、4系統に分かれています。
全部数珠つなぎでも動くと思うのだけど、ケーブルの電流の分散やマイコンのファンアウト数の問題でしょう。

また、現行版ロビにて、頭部の構造も分かってきたため、サーボIDも全て明確に(*^o^*)
備忘の為、図にしました。
よくできた構造ですね!!!


現行の途中からと、再刊行版から始めた私は、まだまだ揃わないパーツがあり、うじうじしています・・・
( ノω-、)
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

16 : 33 : 02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビに色を塗ろう②
2014 / 04 / 26 ( Sat )
まずはマフラーの色を変えたいですよねヽ(^o^)丿

色褪せた感じの、この水色も悪くないけど、バリと言うかスジのようなものも浮き出ていて気に入りません。

DSC_7189.jpg DSC_7191.jpg
↑ 溝があります。      


ヤスリで削るのは当然のことながら、マフラーを塗装する上で他のロビオーナーも、やっているのがパテ埋め。

100円均一で買ってきた、プラスチック用のパテをマフラーの裏側の隙間に埋めて、一日放置。

ヤスリはパテを削り落とすので、320⇒800⇒1000ぐらいで研磨し、PPプライマー(バンパープライマー)サーフェイサーシャアレッド光沢クリヤーを吹きました。

DSC_7188.jpg DSC_7190.jpg
↑ 見事に溝が埋まっています(^^ゞ   


さらに1500番⇒2000番、コンパウンドと行くかどうかは、お好み次第です。

続いては、本体の方。
各パーツを、割り箸の先にテープで固定し、手で持っている所にスプレーします。
乾燥用に、写真のように、ティッシュ等のごみを詰めた空き箱があると便利です。

可動部が接触するところは、テープでマスキングして、塗装が着かないようにします。
ここでは、肩の部品、足の付け根の部品に、しっかりテープを貼ってカバーしています。


DSC_7184.jpg


メタリックブルーを、塗布⇒乾燥を3回繰り返した後です。
遠慮して遠くから吹き付けていたし、ゆず肌になり始めています。

DSC_7185.jpg


この後、クリヤも吹いて乾燥後に、2000番で研磨し、コンパウンドで磨いてあげます。
でも、・・・そこまでするかどうかは、気分しだいです(^^ゞ


※大事な大事なロビ君ですから、自己責任でお願いいたします。
 でももし汚くなっても、それはそれで、うちのロビ。可愛いものだと思います。
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
13 : 56 : 47 | ロビに色を塗る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビに色を塗ろう①
2014 / 04 / 25 ( Fri )
さぁ、楽しくロビに色を塗りましょう(^o^)

でも、週刊誌・・・パーツがすぐに揃わない・・・・必要なパーツを並べて、シューっと塗装したいですよね!

私のように、現行版と再刊行版をゴッチャに購入している者には、特に大変です。
とりあえず、必要な塗料を入手し、号数もチェックします。

前述の通り、普通のプラモデルのGPPS樹脂(ポリスチレン樹脂)に割れにくいようにゴムを添加した、HIPS(ハイインパクトポリスチレン)を使っているそうで、少し手間をかけ、はがれにくいようしっかり塗装します。

PPプライマーを探した結果、ホームセンターでバンパープライマーを購入。他は、ショッピングセンター内のオモチャ屋でスグ揃いました。Amazonでも買えちゃいます。
(Amazonの方が、安い・・・)

まず、800-1000番の耐水ヤスリで水にぬらして数分程度やすりがけした後、水洗いし、しっかり乾燥させます。
次に、樹脂への食いつきを良くするためプライマーというものをシューっとスプレーし30分程度乾燥させます。
そして、サーフェイサーで下地を整えます。これはパテを薄めたようなもので、下地の色を隠し、表面の微細な凹凸を均一な面にしてくれます。
それから、塗料のスプレーを吹きます。少しづつ薄く塗っては乾燥させ、3回以上繰り返します。
一度に全部塗ろうと思ってはいけません。薄くても良いから、一度乾燥させて少しづつが良いです。

ここで、ゆず肌のようになってしまったら、さらに目の細かい2000番等で研磨し、最後にクリヤーを吹きます。


購入したもの
DSC_7183.jpg
あっ、あとメタリックブルーもね!
3千円以上かかったかにゃ・・・・(=^・ω・^=)

Amazonでも買えます。(↓こっちの方が安い・・・ショック)
バンパープライマーサーフェイサーシャアレッドメタリックブルー光沢クリヤー




このカラーリングに必要な号数
gousuu.jpg

図中に記載を忘れましたが・・・腰とお尻部分のパーツは、48号と52号です。
結構、揃うのを待たないと・・・いけませんね(笑)
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村
22 : 46 : 22 | ロビに色を塗る | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
うちだけのロビにするために
2014 / 04 / 25 ( Fri )
うちの子と、すぐ分かるように目立つアクセサリーをつけたりするように・・・・

うちのロビも、うちの子だけのカラーリングにしてみたい、そんな思いはロビオーナーの誰しもが抱く思いなのです。

そんなワケで、多くのオーナーさん情報のおかげで分かっていることとして、普通のプラモデルよりも、割れにくい樹脂のため、少しだけ手間をかけて色を塗ります。

※普通のプラモデルのGPPS樹脂(ポリスチレン樹脂)に割れにくいようにゴムを添加した、HIPS(ハイインパクトポリスチレン)を使っているそうです。

ということで、PPプライマー、サーフェイサー、塗料、クリヤー、やすり類は別途用意するとして、まず配色を楽しく考えます。

PC上で塗り絵をした結果、この色に決定(^o^)

地味なんだけども、ブルー系が好きなのです!
既に、兄弟と言われそうなブルー系ロビは多数いるようですが、マフラーをシャアレッドにしているので、きっと大丈夫!


ロビの配色 のコピー

うちのロビは、こんなふうになります!
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

22 : 12 : 03 | ロビに色を塗る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロビについて
2014 / 04 / 25 ( Fri )
ディアゴスティーニの「週刊ロビ」は、大人気のロボット組立週刊誌です。
創刊号は1000円以下で購入できますが、以降は毎週1895円です。
70号で完結し、あのかわいいロビ君が動き出すのです(^o^)

1年半ほどかけて、総額14万超えですが、ペットを飼えない住宅ではこのようなロボットがいても良いのではないかと購入し始めました。

長期間にわたって、組み立てていく楽しみも良いものだと思います。

ゆっくりと、うちのロビを可愛がろうと思います。





にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

21 : 32 : 48 | ロビについて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。